ニュース & トピックス

2022/01/28
留学生的福娘体验  International Student Experience as a Fukumusume  留学生の福娘体験記
International student "Fukumusume" handing over happy bamboo grass

大家好,我是来自中国的一名留学生,就读于关西大学。

Hello, I’m an international student from China that studies at Kansai University. This year, I had the valuable experience of becoming a “Fukumusume”(=shrine maiden).

こんにちは、中国から参りました関西大学の留学生です。私は「福娘」になるという貴重な体験しました

Four international students "Fukumusume"

 

每年的1月的9,10,11日是日本的十日戎,也就是迎财神的日子。很幸运我被选中了今年的今宫戎神社(供奉财神的神社)的留学生福娘之一,十日戎期间在今宫戎神社里服务。今年一共有4位留学生福娘,其中3位来自中国,另1位来自德国。在来日本以前我们都对福娘的事情一无所知,但是作为留学生能得到如此宝贵的体验机会,内心非常感谢。

In the Kansai region, January 9, 10 and 11 are known as Toka Ebisu. During this time, I was selected as a Fukumusume of Osaka’s Imamiya Ebisu shrine. This year there were four international students that became Fukumusume. Three of them, including myself, were Chinese and one was German. None of us knew anything about Fukumusume before coming to Japan. However, I am grateful for this valuable experience that not many people get to take part in.

今年の1月9、10、11日は十日戎でした。私は大阪の今宮戎神社の福娘として選出され、今宮戎神社での十日戎に奉仕させていただきました。今年の留学生福娘は4人でした。そのうち3人が中国人で、1人はドイツ人でした。私たち留学生は日本に来る前に全然福娘について知りませんでした。でも、留学生としてはなかなかできない貴重な経験をさせていただき、感謝しています。

在服务的3天里,虽然每天穿着不习惯的和服,每天只能休息两次,而且每次只有20分钟,比想象中辛苦得多。但是一直到最后都觉得很开心,觉得人生能有这样挑战真是太好了。

虽然我们做的内容仅仅是在前来参拜的人们的福竹上挂上象征着生意兴隆的吉祥物,但是能有为世人用心服务的机会,我觉得是非常有意义的。

During the 3 days of service, I wore a kimono every day. I could take a break twice a day, each time for only 20 minutes, which was much harder than I expected. But I felt very happy and proud of myself for overcoming such a challenge.

Regarding our role, we would hang charms and trinkets that symbolise commercial prosperity on bamboo brought to us by people who come to worship.

この3日間では朝9時から夜9時まで奉仕活動しました。慣れない着物で、休憩はたった20分間で、しかも2回しかなかったという想像より過酷な3日間でしたが、最後まで楽しく、挑戦してよかったと思いました。

奉仕の内容は参拝者の方の福笹に、商売繁盛の縁起物を結ばせていただいただけですが、多くの人に心を込めてご奉仕できる機会をいただきとても有意義でした。

Standing international student "Fukumusume"

在福娘研修会的时候,负责人告诉我们说,在吃饭和去洗手间的时候是不可以去戴着金鸟帽子(福娘专用的金色的帽子)或穿着千早(福娘专用白色的披肩)的,因为福娘们是惠比寿财神和人间之间的桥梁般的存在。当时我还不太理解,但是在十日戎服务期间,客人对我说「麻烦帮我选一些吉祥物挂在我的福竹上,今年我们公司的财运就靠姑娘你了」,还有老爷爷老奶奶为了沾福气来和我握手,那些瞬间都让我特别感动,这时我才意识到原来自己作为福娘发挥着如此大的作用。这也让我更加地用心,用最灿烂的笑容去对待前来参拜的人们。全心全意地服务,给予大家福气,让我特别有成就感。

At Fukumusume training, it was said that eating and washing with the golden “bird” hat (golden Eboshi) and Chihaya (white shrine maiden kimono) on is strictly prohibited. I was told that Fukumusume are a bridge between Ebisu, the god of business prosperity, and humans. At the time I did not quite understand it, but during my service I was told by one visitor to “choose a lucky charm and attach it. I will leave the fortune of our company in your hands this year.” I realized that I was playing such an important role as a Fukumusume. By responding with a smile from the heart, I felt a sense of accomplishment as a Fukumusume.

福娘研修会の時には頭につける金鳥帽子(金色のえぼし)と千早(白い巫女装束)を付けたままの食事やお手洗いは厳禁だと言われました。福娘たちが商売繁盛の神様である戎さんと人間の掛橋となっている存在だからだと教えてくださいました。その時はまだ理解できなかったですが、奉仕中にお客様に

『縁起物を選んでもらってつけてください、今年うちの会社の金運はお姉さんに任せます』と言われました。また、お爺さんとお婆さんに福を得るために握手しに来ていただいたことで、私自身がとても感動して、福娘としてこんなに大事な役割を果たしているのだとわかりました。さらに心を込めて笑顔で対応したことで、福娘としての達成感がありました。

 

在留学生活中能有如此难得的亲身感受日本文化的机会,心中充满了无以言表的感谢。今后我也会活用此次经验,继续发光发热,朝着梦想继续努力前行

I am ever so grateful for this wonderful opportunity that I could experience by studying here in Osaka. I hope to take the lessons learned from this valuable experience with me as I work hard towards realising my dreams.

留学中でこんな素晴らしいチャンスをいただき、感謝しています。今後もこの貴重な経験を生かして、自分の夢に向かって、頑張ります。

 

記事提供

OGSAN (Osaka Global Student Ambassador Network)

OGSANは大阪独自の留学生アンバサダーネットワークです。メンバーは国際交流のイベントに参加したり、就職活動やボランティア活動の機会についての情報を貰ったりすることができます。

登録はこちらから:

https://reas3.ouj.ac.jp/reas/q/71187

×
LanguageLanguage
  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 中國傳統的
  • 한국
  • Tiếng Việt
  • नेपाली
  • bahasa Indonesia
  • ไทย
  • မြန်မာ
  • français